肌にいいコスメティックスの成分について

きれいになる成分

アプレシエは、次世代型ビタミンC誘導体といわれるコスメティックス成分です。

今までもコスメティックス成分として化粧品に配合され、利用されてきたビタミンCですが、元来もつ酸化しやすく不安定という性質から、効果的な状態で肌に浸透させるのが難しいものでした。

アプレシアがコスメティックスの中でも次世代型ビタミンCといわれるのは、従来の水溶性のビタミンCとは違い、水溶性と油溶性の両方の性質を持つためです。

ビタミンC

 

水溶性の良さは即効性ですが、そこへ油溶性の浸透力が加わることで、肌の奥深くまですばやく有効成分が浸透します。

そのため表面的なケアだけではなく、肌内側の紫外線トラブルを改善したり、透明感と張りのある肌を作るのに効果的です。
アプレシエの効果をより安定的に供給できる工夫として、粉末状に配合されたものを少量ずつ溶かして、短期間で使い切れるようにしたコスメティックスがあります。

 

この方法は、常に酸化していない良い状態で肌に供給できるため、より高い効果が期待できます。

美容液

美容液は科学の世界です。合理的に肌の吸収のいいものを選んでいきたいと思います。